Posts Tagged ‘2×4’

2×4工法。

今回は、建築の工法についてお話したいと思います。

近年の住宅業界では様々な建築工法が用いられて老います。2×4工法、軸組在来工法、軽量鉄骨工法などがありますが、ここではよく性能を比べられる、2×4工法、軸組在来工法のお話しをして行きたいと思います。

まず2×4工法は、19世紀の北米で開発された建築工法で、別名「枠組壁工法」とも呼ばれます。現在では、アメリカ・カナダの木造住宅の約90%以上が2×4工法で建てられています。

この工法の特徴は面構造で、基本的に2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に構造用合板を釘打ちした木製パネルを組み合せて、床、壁、天井などの6面を体を構成していきます。

地震に対する衝撃を面だ支える方法ですので、地震や風力に対して非常に効果があると言われています。

また決った釘の本数で構成されたパネルを建てこむ方式なので施工が早く工事期間が短いことや、パネルが全面に施工されている為に、気密性、断熱性能が高いことも上げられます。

しかしデメリットももちろんあります、壁で耐震性を確保しているので、増築、改築の際に壁が撤去できないなどの制限がある、施工できる建設会社の数は、軸組み工法に比べて少ないので選べる範囲が限られる・気密性が高いため、高湿度の環境では湿気が抜けないで結露、カビの繁殖、木材の腐食の恐れがある、また建材、釘に接着材が使用されているので、シックハウス症候群などの心配が付きまとうなどが挙げられます。

日本の風土に合わせて開発されたものではない為に、弱点もありますが、耐震性が高い点は大きなメリットだと思いますのでぜひ参考にして下さい。

コメントはまだありません



SetPageWidth