Posts Tagged ‘宅地’

許可、届出

 不動産売買、土地購入、宅地造成などについて、 まず、主に場所などによるが、これらの行為を行う場合、届出と許可が必要になってくる。

では、どこに届出をして、誰に許可をもらえばいいのか?この大半は、都道府県知事である。不動産の試験で「どこに届出をすればいいか?」という問題があったとすれば、都道府県知事と書いていれば八割は正解するだろう。出題者がいじわるでなければの話だが。
 しかしもちろん、私の嫌いな例外もある。法律というやつには、殆ど例外というものが存在する。仕方ないが、これを見ていこうと思う。
 まずは国立公園などである。特別保護地区なんてものもある。ここで工作物の新築、土石の採取、竹林の伐採、土地形状の変更、まぁ簡単にいえばメンテナンス的なことをするのに許可がいる。これは環境大臣の許可が必要だ。特別○○地域、と名のつくものに、例外が多いようだ。
 次に河川や海岸、道路など。ここを新築するなどする時は、それぞれ管理者の許可が必要である。知事ではない。
 次に文化保護法に定められているもの。神社や寺などが多いだろう。ここの土地をいじくる場合には、文化長官の許可が必要になってくる。
 次に生産緑地法に指定されている地域。意図して自然を残している地域である。ここでは、市町村長の許可が必要だ。
 このような例外がある。これだけならば、私にも覚えられそうだ。しかしすでに、様々な不動産の法律が脳内を飛び交っていて、ちんぷんかんぷんである。

, , ,

コメントはまだありません



SetPageWidth