不満のない家にするには

住宅への不満の常に上位を占めるのは収納でした。しかし最近では収納に充実した家を建てる人が多く、収納への不満を解消しつつあるのです。そこで住宅への不満の上位にコンセントの位置と数が挙げられるようになっているのです。コンセントは後からここにも設けたいと思っても簡単に設けることができないものだけに、事前にどこでどのような電化製品を使うかを想定し、余裕を持ってコンセントを設けておくといいでしょう。

コンセントを設けていても邪魔に感じることはないだけに、できるだけ設けておいた方がいいよ!と友人からアドバイスを受けたこともあります。我が家がコンセントで配慮したのは、LDKの中心にコンセントを設けることです。そうすれば一階に掃除機をかける際、コンセントの挿し口を変えることなくワンフロア掃除機をかけることができるので効率良くお掃除が行えます。また将来的には充電式の掃除機を使うかもしれないと想定し、掃除機を収納する収納庫内にコンセントを設けておいたのです。そうすれば掃除機を収納している状態で充電ができるのです。

また、ダイニング部分には、テーブルより高い位置にコンセントを設けました。ダイニングではホットプレートやたこ焼き器を使用することがあります。その際にテーブルより下にコンセントがあるよりも、上にコンセントがあることでよりこれらのキッチン家電が使いやすくなるのです。

一つ後悔しているのが、キッチンの作業スペースにコンセントを設けておけばよかったということです。ハンドミキサーやフードプロセッサーを使用する機会も多いだけに、作業スペースにコンセントがあるとこれらの家電がより使いやすく、調理もしやすくなるのです。コンセントの位置と数はしっかり考えて設けましょう。

Comments are closed.


SetPageWidth