階段

二階建て住宅や三階建て住宅には欠かせないものは階段です。階段は上下の階を繋いでくれる大事な通路です。以前はこの階段を設ける位置は、玄関近くでした。しかし最近ではリビング内に設けるリビング階段が多く取り入れられています。リビング階段の最大の魅力は、家族のコミュニケーションを大事にできることです。玄関近くに階段を設けていると、子どもが帰宅して直接二階の部屋へ行くことができます。子どもがいつの間にか帰宅し、親の知らないうちに外出しているということもあるかもしれません。

リビング階段であればこのような状況を避けることができます。家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行けないようにすることで、家族が自然とリビングで顔を合わせます。顔を合わせることで会話も生まれやすくコミュニケーションが取りやすい家になるのです。また親は子どもの表情をしっかりと伺うことができるのでちょっとした変化にも気づいてあげられやすくなるのです。リビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータもあるのです。

しかしリビング階段のデメリットとしてよく聞かれるのが、冷暖房効率の低下や二階からの冷気の流れ込みです。私の友人は、二階からの冷気の流れ込みを食い止めるために、また冷暖房効率を上げるために階段前にロールスクリーンを設置したのです。しかしこれは住宅の断熱性や熱の出入り口となる窓の断熱性によって変わってきます。これらの断熱性が低いとこれらの冷暖房効率を下げたり、冷気の流れ込みが気になるでしょう。しかしこれらの断熱性をしっかりと高めることで、冷暖房効率を下げることなく、冷気の流れ込みも感じず快適でリビング階段の魅力を存分に感じられる家になるのです。

Comments are closed.


SetPageWidth