Archive for 8月, 2015

リビングのあり方

リビングは家族が長時間共に過ごす場所です。特に子どもが小さいと一階と二階では明らかに一階で過ごす時間の方が長いです。このことから多くの人が住宅の中でこのリビングの快適性を重視しています。我が家もそのうちの一人です。

リビングは多目的で使用されています。テレビを見てくつろぐ場として、子どもが勉強する場として、子どもが遊ぶ場として、洗濯物をたたんだりアイロンがけをしたりと家事を行う場として、お客様と食事や歓談を楽しむ場として様々な用途で使用されるリビングは、いろいろな用途に合わせて使いやすく、居心地のいい空間でありたいものです。テレビを見ながら家族でコミュニケーションを楽しんだり、お客様と食事や歓談を楽しむには広さや開放感が求められます。リビングやダイニングとのメリハリをつけるためにも、ダウンフロアのリビングにすることで落ち着き度も高まり、天井が高くなることで広さや開放感にも繋がります。

そしてリビング学習をする子ども達が多いです。リビングに設置しているローテーブルでは姿勢を悪くして、勉強にも集中できません。リビングのワンスペースにスタディコーナーを設けることで、子どもが勉強しやすくなりますし、くつろぐ場との生活にメリハリをつけられます。このようなカウンターが一つあれば、パソコンをしたり、洗濯物をたたんだりアイロンがけなどのちょっとした作業をする時にも重宝するのです。リビングは長時間過ごすだけに、多目的で使用されます。生活や空間にしっかりメリハリをつけ、居心地の良さや快適性を高めた方がいいのです。

コメントはまだありません


玄関の共有(二世帯住宅)

住まいを新築する時、家族が多ければ多いほど、荷物が多くなります。単に靴1つにしても、家族分の靴の数は、想像以上です。普段履くもの、特別な日に履くもの、それぞれのスポーツ専用のもの、雨の日や雪の日など、天候によっては専用のものもあります。これらが家族分ありますから、大変な量になってしまいます。靴の収納は、玄関付近が適所ですが、ここには、靴だけでなく、傘のように住まいの中に入れたくないものや外で使うものも合わせた収納を考えていくと、玄関周りがすっきり片付き、便利になります。

私の友人がご両親と二世帯住宅を新築した時、玄関を共有にしました。家族はご両親と友人夫婦と子供達3人ですから、靴だけでもかなりの量があります。玄関土間の一角を仕切り、彼女とお母さんがずっと憧れていたシューズインクロークを作り、家族の靴、傘、スリッパ、来客用のスリッパなどを収納するように、オープン棚を作ってもらいましたが、そこだけでは、家族の靴全てを収納することができそうもありません。そこで、玄関ホールの正面にも、壁面収納を作りつけてもらいました。こちらには引き戸をつけてもらいましたので、一見すれば、この中に靴が収納されているとは分からず、すっきりしています

また、靴以外にも、非常持ち出し袋やゴルフバッグなども収納できるようにしてもらいました。非常持ち出し袋もゴルフバッグも嵩張るものですが、玄関付近に収納しておくと、便利です。特に、賃貸マンション時代には、玄関にゴルフバッグを置いたままにしていたので、邪魔になって仕方ありませんでした。壁面収納に、ゴルフバッグなどの収納する定位置を作ったので、とても助かっています。二世帯住宅の玄関を共有すると、家族だけでなく、来客も多くなります。このように、いつもすっきりと片付いていたら、いつ、来客があっても、安心です。掃除も簡単にできますから、家事も効率的に済ますことができます。

コメントはまだありません



SetPageWidth