Archive for 5月, 2015

忙しい朝を快適に

子ども達が成長してくると身支度をする朝の時間帯は洗面室の取り合いのようになります。身支度に時間のかかる女の子の多い家庭では特に洗面室の充実は重要だと思います。
新築住宅を建てた親戚宅へ行ったのですが、洗面室が充実しているのに驚きました。忙しい朝の時間帯でも並んでゆったりと身支度できるように3面鏡を2連づかいにした広い洗面台でした。スッキリとした洗面室が広がっていました。大きな鏡の奥には家族それぞれの専用の棚が設けられており、洗面周りの物を外へ溢れさせずスッキリと物がしまえるのです。

洗面台の下にはカゴやボックスを使用して衣類を収納していました。洗面室で全ての身支度が整うのです。洗面室に下着や部屋着、パジャマなどをしまうことで入浴の前後や帰宅時に便利なのです。
入浴の前にわざわざ下着やパジャマの事前準備をしておかなくても、必要な物をサッとその場で取り出せるのです。また帰宅して手を洗い、その場で部屋着に着替えられるので、わざわざ二階のクローゼットへ部屋着を取りに行く手間が省けるのです。

住宅内の無駄な動きをできるだけ省けるようにするだけで、住宅の快適性や暮らしやすさを大きく高めることができると思います。
忙しい朝の問題を解決するために余裕のある広さの洗面室を設けたのだが、朝だけでなく一日を通して便利で使い勝手のいい洗面室になったと満足気に話していました。忙しい朝を快適に過ごすには洗面室が鍵を握っているのです。

コメントはまだありません


吹き抜けリビング

我が家の一番こだわりはリビングです。
リビングは家族が長時間共に過ごす場所です。
またホームパーティーをした際にもこのリビングが中心になります。
リビングをより広く開放感たっぷりになるように心掛けました。
その一つが吹き抜けです。吹き抜けにすることのメリット・デメリットはあると思います。

吹き抜けにすることでリビングの開放感は広さ以上のものを感じることができるでしょう。
天井が二階にまで広がることで視界が広がり開放感も増すのです。
吹き抜けにするこで一番気がかりなことは冷暖房効率です。
しかし住宅自体の断熱性を高めることで、また気密性・断熱性の高い窓を設置することで住宅内を均一の温度に保つことができるのです。
住宅そのものの断熱性を高め、熱の出入りの大きい窓の気密性・断熱性を高めることで吹き抜けにしても冷暖房効率を下げることなく、むしろ二階まで均一の温度に保てるので住宅内を快適な温度に保つことができるのです。

特に冬場は温度差によってヒートショックを起こす場合もあります。
温度差のない家は快適に過ごせる家になることでしょう。
リビングの延長上に和室を設ける予定です。和室とリビングの境には扉を設けています。
和室を個室として活用もできますし、普段は開放感を増すためにオープンにしておく予定です。
そして庭に向かってウッドデッキを設ける予定です。
ウッドデッキへの窓をオープンにしておけばリビングの開放感は言うまでもありません。
家族と共に過ごすリビングが最高の空間になればいいなと思っています。
リビングは大きな目玉だと思います。

コメントはまだありません



SetPageWidth