Archive for 12月, 2010

漆喰の効果

シックハウスの対策には無添加の材料がおすすめなのですが、特に私がおすすめしたいのは、「漆喰」です。

神話の時代から接着剤として使われています。

日本では古墳の壁画におも使われているほどずっと使われてきた材料なのです。

消石灰・すさ・海草のりから出来ており白く光沢を放つ仕上げ材となります。

防水性・耐火性がある為お城や塀の仕上げ材として活用されていました。

その後土蔵や和風住宅の外壁の仕上げ材として活用されてきましたが、現在の洋風住宅の普及により、サイディングなどの外壁になったことで漆喰の使用は衰退していきました。

しかし漆喰には様々な効果があり今再び注目を集めています。

漆喰には、消臭・抗菌・湿度の調整効果・化学物質の吸収効果など以前にお話したシックハウスの原因を抑制することが出来るのです。

こうしたことから健康志向の住宅の内壁の仕上げ材として使用されるようになり今また注目を集めているのです。

漆喰を使用することで見た目的にもやわらかいイメージにすることが出来ますし、効果も期待できます。

しかし何の漆喰でも良いわけではなく、化学物質が使用されていないかをしっかりと確認することが重要です。

また最近流行の珪藻土も天然の材料ですが、塗る場合に接着剤を混ぜますので、化学物質は使用されていることになります。

メインの材料だけに騙されず成分をしっかりと確認することが大切です。

漆喰の効果はわかっていただけたでしょうか?

漆喰を使っている工務店は集客力が高くなっているようです。

交流のある大分の不動産会社では中古住宅などのリフォームに漆喰を使用している所もあり、今後新築だけではなく漆喰が使用されていくことでしょう。

コメントはまだありません



SetPageWidth