Archive for 10月, 2010

軸組在来工法。

さて今回は「木造軸組在来工法」のお話をしたいと思います。

木材を使用した土台と柱と梁(はり)で建物を組み立てる日本の伝統的な工法で、一般には在来工法と呼ばれています。

在来工法は、はるか昔から長く引き継がれ発展してきた伝統工法なのです。昔の住宅は、釘や金物などを使わず、接合するところは継ぎ手や仕口(しくち)といったものが使われていました。

しかし最近では建築基準法の強化で耐震性の基準が高くなり、耐震性の確保の為、構造用金物が発達し接合する箇所には金物を使用するようになりました。

これによって、2×4に比べ、耐震性が弱いと言われてきた在来工法も近年はこれらの方法により以前に比べて強度や耐震性が格段に向上しました。

木造住宅というのは住む人に優しいのです。

日本のように湿気の多いところでは木が湿度を調節してくれるので住みやすいし、身体にも良いのです。
木は腐るから在来工法は弱いのではないかと思われがちですが、現在は防腐処理が完全になされ、、ベタ基礎の普及により腐るということはないのです。

また、木と木を「?(ほぞ)」と「?穴(ほぞあな)」の「仕口(しくち)」で組み合わせることによって組まれた柱梁(ちょうりょう)は、地震の揺れに逆らわず,うまく吸収するのです。

奈良時代からの日本古来の建造物が残っているように、この日本で100年以上持つ家を建築するには在来工法が最も適しているといっても過言ではありません。

またこの工法は、間取りや空間のレイアウトの自由度が高く様々な条件に柔軟に対応出来ます。

2×4のような間取りに制限が無い為、土地の形状や、建築士などの変わった形状の住宅などにも対応することが出来ます。

また施工できる業者も数が多いために選べる会社が多いことも利点の一つです。

木材の良さを生かした、見せ梁、柱などの施工方法も出来ますので様々な方法が選べます。

またすでに工法が完成している2×4工法に比べてまだまだ進化が期待できますので、これから先も進化していけるのではないかと私は思います。

木材は湿度を調整する効果もありますので、多湿の日本で発展してきた工法の利点もあるのです。どちらの工法もメリット、デメリットがありますので、ご自分のイメージ、要望にあわせて参考にして下さい。

コメントはまだありません



SetPageWidth