Archive for 7月, 2010

住宅展示場に行ってみる。

さて前回お話した住宅展示場の続きですが、見学をされる際には気をつけていただきたい点がいくつかありますのでお話したいと思います。

住宅展示場のメリットは各社様々なタイプの住宅が建ち並んでいますので、色々な住宅メーカーの多くのタイプの住宅を実際に見ることができ、見比べて自分の好きなタイプの住宅を、比較検討できるのが良い点です。

実際に、住宅のデザイン、間取り、設備などを見て触って確認出来ることがモデハウスの一番の魅力です。

また営業が常駐していますので、気になることなどを詳しく聞くことも出来ます。

住宅展示場は、メーカーにとって集客効果の多きい為、自社の住宅をアピールする最大の武器になります。

またライバル会社が建ち並んでいますから、差をつけるために様々な方法でアピールしています。

ですので、モデルハウスのほとんどが規模が大きく一般の住宅に比べると、延べ床面積はかなり大きく作られています。

また室内の建材、機材などもグレードの高いものを使用している為に、実際にこの住宅をそのまま建てた場合の金額は、高額な住宅になるのは間違いありません。

しかし見学者はそんなことは、まったくわからないために、「この会社で建てればこんな家に住めるのか」と勘違いしてしまいます。

実際の基本プランでは、モデルハウスで使われているグレードより低いものだったしますので、実際に出来上がってみたら・・・「なんかイメージが違う、こんなはずじゃなかったのに」となるケースもあります。

モデルハウスに行った場合には、細かい情報を聞くことと、建材、機材などが標準なのかオプションなのか詳しく聞いて、しっかりと認識することが重要です。


コメントはまだありません



SetPageWidth