Archive for the ‘新築’ Category

使いやすいコンセントの位置

電気のない時代、住まいを新築する時、電気配線など考えずにすみました。ご飯を炊くのにも、おかずを作るのにも、かまどで、火を使いますから、室内にキッチンをつくるのでなく、土間をつくるなど、間取りにも影響してきました。

現在、電気が普及してくると、キッチンは、土間ではなく、住まいの中に作ることもできるようになりました。多くの種類の電気調理機器もでき、採用されるようになると、料理の幅も広がっていきます。電気の恩恵は、キッチンだけではありません。住まいを明るく、素敵な雰囲気にしてくれる照明もそうです。家族の心を癒してくれて、豊かにしてくれる音響設備や映像設備もそうです。どんなに、生活が安全に便利に、そして、豊かになっていったか、はかり知れません。

私の後輩は、結婚を機に、地元に、新居を建てました。3年間付き合ったのですが、生活を共にしていませんでしたから、生活のパターンがよくわかりませんでした。今まで、彼女の朝食は和食でしたから、キッチンには、オーブントースターも、コーヒーメーカーもありません。そのため、キッチンのコンセントも十分でしたので、新築する時点で、電気配線やコンセントの数や位置について、深く考えませんでした。

しかし、設計担当者が女性で、主婦でしたので、彼女だけでなく、彼を交えて、色々な話をしてくれました。お陰で、キッチンのレイアウトや収納だけでなく、電気配線についても、とても配慮してくれました。例えば、対面キッチンですが、壁側に設置した電化製品の収納棚にも収納したまま、使用できるように、配線をしてくれましたし、カウンターの上でも、フードカッターやミキサーやコーヒーメーカーなども使うことができるように、コンセントを設置してくれました。彼女は全然思いつかなかったのですが、もし、ここにコンセントがなかったら、不便だったろうと思います。
相談してよかったと思いました。

コメントはまだありません


素材にこだわった家

住宅は人生最大の買い物です。それだけに失敗や後悔はしたくないものです。
我が家も新築住宅を建てることを決めたのですが、素材にこだわった家にしようと思っています。
コストを優先する余り、シックハウス症候群で悩まされてリフォームを余儀なくされるような家になってしまっては意味がありません。
最初から使用する建材にこだわり家族が健康で、永く住み続けられる家にしたいと思っています。

まず住宅の床材です。合板のフローリングは接着剤をたくさん使用しています。
この接着剤に人体に悪影響を与える物質が入っていると言われています。
我が家は地元の杉を使用し無垢のフローリングにする予定です。

無垢の魅力はたくさんあります。
まず合板と違って木の温もりを感じ、癒し効果に繋がります。
また合板の床は夏はベタベタした感触ですし、冬場は冷たくて素足で歩くことはできません。しかし無垢材の床にすることで夏でもサラッとした肌触りで、冬場素足で歩いてもヒヤッとした感触はないのです。

無垢の床は呼吸をしているのです。
空気をたくさん含んでいるので床暖房でも入れているかのような暖かささえ感じられるのです。調湿効果が期待できるので梅雨時期など室内に水分が多いと吸収してくれ、冬などの乾燥時期には水分を放出してくれるのです。
また無垢材は断熱効果があるとも言われています。

それに加え壁は漆喰にする予定です。
漆喰も高い調湿効果が期待できます。結露やカビの発生を抑制してくれるのです。
また人体に悪影響を及ぼすと言われているホルムアルデヒドや嫌な臭いを吸着する効果もあるのです。
素材にこだわり家族がいつまでも笑顔でいられる家にしたいものです。

コメントはまだありません


我が家の悲劇

昨年完成した我が家に引っ越してちょうど半年。完成した時はこだわり抜いた自慢の家だったのですが、半年もたつとちらほらと「後悔」の二文字がちらつくようになります。(きっとあなたが新築を建てる時にも何らかの後悔を覚えることでしょう・・・。)

住みなれたエリアを出たくないとの理由から、以前住んでいたマンションからほど近い場所にある住宅街の宅地をようやく見つけ契約。ネックは駅から若干遠い事と、完璧に住宅地なのでとにかく狭く感じるということ。隣近所は建物同士が2m~5mくらいしか離れていません。ということで、我が家は一階部分に駐車スペースを設けた変形タイプの3階建てにすることにしました。

間取りを簡単に説明しますと、一階に駐車スペース+玄関、トイレ、バスルーム、居室1。階段をあがって二階部分がLDK+居室1+トイレ、三階が居室2です。4LDKという感じですが一部屋はほぼ納戸なので3LDK+サービスルームと言ったところでしょうか。

さておまちかねの我が家の最大の悲劇、それはとにかく非常に使い勝手が悪いという事です。一番の問題点は電話線の位置とコンセントの数。コンセントは一般的な住宅を参考に配置を決めたつもりでしたが圧倒的に足りないのです。もはや家族1人に1台とも言われるスマートフォンとパソコンのことを考えると、各部屋にコンセントが4つあってもおかしくないですよね・・・。とにかくたこ足配線につぐたこ足配線で不便です。

そして電話回線も大問題。というのも一階に電話回線の本体のルーターを設置すると三回まで無線LANが飛ばないのです。仕方なしに有線でつなぐか?といろいろ模索したのですが、3階建てという特性上階段や外を伝ってケーブルを設置するほか無いという始末。こればっかりは完成するまで誰にもわからない、想定外の問題でした。

コメントはまだありません


レンガの家

私はレンガの家に住みたいなと以前から思っていました。
レンガ積みの外観は日本の住宅ではまだまだ少ないのでそこにも魅力を感じています。
せっかく建てるマイホームが近隣に建ち並ぶ住宅とあまり見分けがつかないようでは個性がない家では面白味に欠けます。
レンガの家と庭の芝生これは最高にマッチし、どこが外国に来たかのような気持ちにもさせてくれるでしょう。

レンガの魅力は時代に左右されない美しさや重厚感。
日本の住宅の寿命が30年ほどと言われていますが、欧米の住宅の寿命は100年近く住み継がれるのです。
この耐久性を維持できるのもレンガの外壁だからと言っても過言ではないのかもしれません。
またレンガの家はメンテナンスが不要なことも魅力の一つです。
一般的には塗装などの修復工事が必要になってきます。
高い場合では100万円近く費用が必要な場合もあります。
大掛かりなメンテナンスを必要としないレンガはコスト面においても魅力を感じる人は多いでしょう。
レンガを住み続けるにしたがい、味わい深ささえ感じられます。

他には耐火性にも優れています。
レンガ積みの家は万が一家事になったとしても炭素を含まないレンガで造られた外壁は燃えることがないのです。
またレンガは熱を伝えづらいという特徴を持っています。
レンガは熱を逃さず溜めておく性質もあります。
外気温に影響されることなく、また内側に熱がほとんど伝わらないので高い断熱性が期待できるのです。
夏は涼しく冬は暖かいという家を手に入れられるのです。
デザイン性にも機能性にも優れたレンガの家はこれからより人気を高めることでしょう。

コメントはまだありません


冬暖かい家

私は寒がりで冬は苦手です。現在は戸建ての賃貸住宅冬に住んでおり、住宅の気密性や断熱性は私たち夫婦が満足できるものではありません。冬の寒さが厳しい所に住んでいることもあり冬は暖房をつけていてもどこか肌寒く居心地が良くありません。新築住宅購入を考えておりある住宅展示場を見に行った際大変驚きました。冬にその住宅展示場を見に行ったのですが暖房をつけていなくても暖房がついているかのように暖かいのです。

新築住宅には床暖房の設置は必ずしようと夫婦で決めていただけに、暖房なしでここまで暖かいとはただただ驚くばかりでした。床暖房はいいのですが設置コストやランニングコストを考えると簡単に設置することもできません。大手ハウスメーカーのその住宅は他社に比べ気密性・断熱性に優れているため暖房いらずの暖かさが得られるということでした。たくさんの暖房機器を使用して家を暖かくするのでは光熱費がかさんでしまいます。少ないエネルギーで暖かさを保ってくれる家はまさに寒がりで冬が苦手な私にとっては理想の家なのです。

気密性・断熱性に優れていることの十分な説明も受けました。私がそこで気に入ったのが窓が木製サッシだったことです。住宅を気密性を高めるためには窓の気密性を向上することです。窓は光を取り込むために重要な存在です。それだけでなく外気温の影響も受けるのです。また音の侵入も窓からです。これらの対策をしっかりおこなっているそのハウスメーカーは3枚ガラスで気密性・断熱性にも優れている木製サッシを使用しより高い気密性・断熱性が得られるというのです。冬でも快適で過ごせる家を手に入れたいと思います。

,

コメントはまだありません


階段はどこがいい!?

我が家も近々新築住宅を建てようと間取りを考えている最中です。足止め状態になっているのが階段をどこに設けるかということです。階段を設ける位置によって部屋の広さや廊下の長さにも影響してきます。階段を家の中心に設けることで階段からどの部屋へも行きやすく動線も短くなります。逆に階段を家の端に造ると廊下を長く設ける必要がでてきたり、階段から遠い部屋が出てきて面倒を感じてしまう可能性もあります。

以前は玄関に近い場所に階段を設けるスタイルが多かったですが、最近ではリビング内に階段を設けるスタイルも増えてきました。リビング内に階段を設けることで、家族がリビングで顔を合わせコミュニケーションを取りやすい環境にしてくれます。しかし階段を設けることで階段分のスペースがリビングを圧迫する場合があります。またリビングに階段があることで冷暖房効率を下げてしまうので、リビングに階段を設けなければ良かったという友人の声も聞きました。

階段位置は家の間取りの中で意外と重要度が高いことを再認識しておくといいと実感しています。階段は安全性にもきちんと配慮されていなければなりません。階段の勾配や手すりの設置位置や握りやすさ、夜間の明るさの確保これらは大切なポイントになります。階段を設ける位置と安全性の確保の仕方次第で住宅の移動のしやすさ、生活のしやすさに大きく関わってきます。使い勝手のいい階段を最高の位置に設けて安心して快適ライフを楽しみたいものです。

コメントはまだありません


許可、届出

 不動産売買、土地購入、宅地造成などについて、 まず、主に場所などによるが、これらの行為を行う場合、届出と許可が必要になってくる。

では、どこに届出をして、誰に許可をもらえばいいのか?この大半は、都道府県知事である。不動産の試験で「どこに届出をすればいいか?」という問題があったとすれば、都道府県知事と書いていれば八割は正解するだろう。出題者がいじわるでなければの話だが。
 しかしもちろん、私の嫌いな例外もある。法律というやつには、殆ど例外というものが存在する。仕方ないが、これを見ていこうと思う。
 まずは国立公園などである。特別保護地区なんてものもある。ここで工作物の新築、土石の採取、竹林の伐採、土地形状の変更、まぁ簡単にいえばメンテナンス的なことをするのに許可がいる。これは環境大臣の許可が必要だ。特別○○地域、と名のつくものに、例外が多いようだ。
 次に河川や海岸、道路など。ここを新築するなどする時は、それぞれ管理者の許可が必要である。知事ではない。
 次に文化保護法に定められているもの。神社や寺などが多いだろう。ここの土地をいじくる場合には、文化長官の許可が必要になってくる。
 次に生産緑地法に指定されている地域。意図して自然を残している地域である。ここでは、市町村長の許可が必要だ。
 このような例外がある。これだけならば、私にも覚えられそうだ。しかしすでに、様々な不動産の法律が脳内を飛び交っていて、ちんぷんかんぷんである。

, , ,

コメントはまだありません


生活スタイルに合わせた窓

  生活のスタイルに合わせて、窓に工夫を凝らす。

 弟夫婦が新築大分で建てた時のお話です。

 それまでは窓に対して、深く考えたことなどなかったのですが、新築を建てる際にプランニングをしてくださったデザイナーさんから、窓の在り方について教わりました。

 弟夫婦は友人を含め共同で会社経営しています。そのため、家で過ごすのは夜が主となり、日中は留守にしていることがほとんどです。

 このような生活スタイルの場合、必要以上に開口部を大きく取る必要はないというのです。初めはデザイナーさんのおっしゃっていることにぴんとこなかったのですが、詳しく話を聞いていくうち、なるほどなあと納得がいきました。

 防犯において、日中カーテンをひきっぱなしだと空き巣に対して、今は留守にしています。と公言しているようなもの。また空き巣の侵入経路は窓からというケースがいちばん多いのだそうです。

 そこでデザイナーさんが提案してくれたのが、ハイサイドライトと呼ばれる壁の上部に横長につける窓です。適度な光を取り込みながら、外から屋内の様子がみえないので安心です。日中は家にいないのでたくさん窓をつける必要もなく、このようなコンパクトでスリムなデザイン窓を中心にレイアウトを決めてもらいました。2階も同様の造りでこちらにはトップライトを取り入れました。トップライトには機械式のブラインドを設置し、留守時は閉めておきます。休みの日は2階の居間で夫婦ともに過ごします。室内は非常に明るくトップライト越しに空が望めるので開放感があり、ゆったりと寛ぐことができます。 

, , ,

コメントはまだありません


エコハウスとは?

大分県、豊後高田市では、地球温暖化防止対策をするため、排出される二酸化炭素の削減を行うべく、環境負荷を低減するためのエコハウスモデル住宅(21世紀環境共生型住宅のモデル整備による建設促進事業)を整備しています。

エコハウスの基本には、「環境基本性能の確保」「自然・再生可可能エネルギー活用」「エコライフと住まい方」この3つがあげられます。

環境基本性能の確保とは、断熱・気密・日射遮蔽・日射導入・蓄熱・換気・自然材料がきちんと理解され、住まいの基本性能を確保することで、快適に住むことのできる住宅となることなのです。

自然、再生可能エネルギー活用してエコハスに求められるものは、自然エネルギーを最大限に利用することで、できる限り、化石燃料に頼らずに生活できるとようにするということです。

そういったことから、地球のしくみを読み取る工夫や技術が大切なのではないでしょうか。

エコライフと住まいを結びつける心得としては、暑い時は、冷房器具に頼らず、窓を開けてすごす、寒い時は、厚着をするといった意識や行動も必要だと思います。

現在は、太陽光発電も普及しており、今年(平成23年)、大分県でも「住宅太陽光発電導入支援対策補助」の受け付けが始まりました。大分県内に居住しているのが条件で、住人に新たに太陽光発電システムと省エネ設備を同時に設置する場合や同システム付きの住宅を新築する場合が対象となるようです。

しかし、省エネ設備については、国の補助金との併用はだめだそうです。補助金1件あたり、10万円受けられるとのことです。

, ,

コメントはまだありません


分譲住宅のメリット

一から家造りを始める注文住宅と出来上がっている状態で購入する分譲住宅では手間の面で考えれば分譲住宅のほうがいいですよね。
これも人それぞれの考え方になりますが家造りに積極的に関わって最高の住宅にしたいと考えている人もいれば、住宅に住むことが目的で家造りにそこまで関わりたいとは思わない、または家造りには関わりたいと思っているのだがそのための時間をとることができないなどあると思います。
家造りにはこだわっていない場合や時間をとることができない場合は分譲住宅の購入を検討してみるのがいいでしょう。
分譲住宅のメリットとして他には価格が安いということがあります。
分譲住宅は複数の住宅を建てることになるので、材料などを大量生産したりすることによってコストを抑えた住宅造りができるのです。
その代わりサッシ一つをとっても、使用されているガラスもLow-Eガラスのようないいガラスが使われてりることは少ないですが・・・。
しかし実際に住宅を見て比較することができるというのもいいところです。
注文住宅であれば完成するまでちゃんと出来上がってくれるのだろうかと心配に思ったりすることもあるでしょうが、分譲住宅は出来上がっているわけですから、そういった心配をすることもありません。
分譲住宅を建てるような土地は立地条件がいいことが多いです。
どうしてかというと分譲住宅を建てるような土地では、良い土地を使わないと売れ残りが出てくるかもしれないからです。
住宅まで建てたのに売れないというのは厳しいものがあります。
時間が経つほど価値が下がって値下げをせざるを得なくなりますし、すぐに売れてほしいのでできるだけ良い土地を使っているということです。
佐賀で住宅を購入した友人も分譲住宅にしていました。
子どももいるので新しいコミュニティーでうまくやっていきたいと言っていました。

コメントはまだありません



SetPageWidth